Basketry Exhibition

バスケタリー展ウエブサイト

interview with artists - Yohko Kubo -

   
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

No.1
久保 容子
Kubo Yohko

■about my coiled works



  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  Q1 以前、会社で行っておられた(パッケージなどの)仕事と現在の創作のつながりについて
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
Answer:

小さい頃、紙とはさみとのりがあれば飽きなかったように思います。

パッケージデザインを学び、少しそういう仕事もしましたが、家庭に入ってからもずっとその嗜好は変わ

らず、自称家庭内工作家として生活してきました。家の中のもの、子供に関するもの、時には紙が板や

布に変わり色々なものを作りました。バスケタリーを学んだのも、自分の物作りの可能性が広がると思

ったからです。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  Q2 久保さんの最初のコイリングの作品の歴史について 
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
Answer:

十代の終わり頃、りんごの皮をひとつつなぎに剥いたら、両端がくるくるまわりこんだS字になることを知

りました。再びつないだらりんごの形になるんだと不思議な感慨を抱きました。

バスケタリーを学びはじめ、コイリングという技法とそれが長い時間を越えて結びついたのかもしれませ

ん。

 
"形をもらう"-ル・レクチェ-  


トレーシングペーパーニッティングヤーン
コイリング、8x13cm、2003年12月制作


  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  Q3 久保さんの使う素材について説明してください。 また何故その素材を使うのですか。
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 


Answer:

自然素材の作品はとても好きですが、自分が作るとき、いつもそばにあって扱い慣れている紙になりま

した。
発想した内容を端的に表したいので、紙は特別な質感や模様の無いものにします。


  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  Q4 久保さんの技術について 紙を切るためのこだわりなど
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
Answer:

紙をカットした線がゆがんでいたり網目が雑だったりすると、作品の完成度が落ちるので、作っている間

はとても緊張します。ただ作品によって網目の力で面がゆがんだりするのは大歓迎です。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  Q5 2005年度のバスケタリー展の出品作品について:  作品解説
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
Answer:

紙に切込みを入れたパーツを表裏に交互に折って、それぞれの面で半球を作り合わせると球に見える

という作品です。何も切り落としていないので、パーツを元に戻せば一枚の紙にもどります。

  球を一つ作ることを思いついたあと、その中にさらに球ができたら重なりがきれいだろうと考えを進めて

いきました。

  球はパーツが放射状に広がるので、大のなかに中が、中のなかに小のパーツが入り込みバランスのと

れた3個の球ができました。

 
”きりおこす -球-”

ピーチコート(合成紙)、トワイニング、50x50x16cm
 

”きりおこす -球-”
ピーチコート(合成紙)、トワイニング、50x50x16cm

(二点とも撮影:菊池ゆかり)
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  Q6 影について
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 


Answer:

それは計算したものではありません。

自分自身、できあがって照明を当てた時どんな風に影がでるか、とても楽しみに制作しました。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  Q7 (作品作りの中で)今、どんなことに興味がありますか。また将来どんな作品を作っていきたい、

目指したいと思っていますか。
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
Answer:

頭に何か浮かんでこないと次の作品は見えてこないので、あまりその展望はありません。今まで自分

なりに確立してきたいくつかの作り方で作品数を増やし、それぞれに厚みをつけたいです。

また見た時にちょっと驚きがあり楽しい作品を作っていきたいです。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  Q8 自分のものづくりの考え方がどういう点で独特であるかを説明して下さい。
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  Answer:

結果が見えているものを作ると途中で飽きてしまうので、できあがった時、誰より一番に自分が見たい

ものを作ります。
それがある意味、私らしいものになるでしょうか。


  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  Q9 久保さんによって作品の形、スペースとは何ですか。
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  Answer:

抽象的でないだれもが知っている形を、いままでに見たことのない表現で作ろうと思っています。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  Q10 自分が作品を作るときのルールについて 
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  Answer:

何かひとつ欠けても形にならない、必要最小限の要素だけで作ることを自分の決まりにしています。



  制作風景・  

手製の道具箱と布のマットがあれば、そこが作業場です

 
 
  形をもうらシリーズ 卵 の制作  
トレペを貼り、カッターで螺旋に切りひらき、再びコイリングで卵の形にもどります



"形をもらう"シリーズ 卵 より

トレーシングペーパー・ニッティングヤーン
コイリング、2006年4月制作

  Interview with Artists

第1回 久保容子

(作品を見る)


  Interview with the artist の写真などの著作権について
同ページの全ての写真、および文章につきましての著作権につきましては全て久保容子氏が権利を
持つものとします。許可なく複製、使用を禁じます。